「快楽の女王」トゥールーズ・ロートレック

500,000円(内税)

作品名:快楽の女王(レーヌ・ド・ジョワ) Reine de Joi
画家:トゥールーズ・ロートレック 
サイズ:31×22
製作年:1896年

1896年に版画コレクター向けに発売されたトゥールーズ・ロートレックのオリジナルリトグラフです。
快楽の女王はもともと1892年にヴィクトル・ジョズの著書「快楽の女王」の宣伝のためにロートレックに依頼したものでサイズも1300×900个1mを超える大型ポスターでした。フランスではロートレックやミュシャなどポスターが芸術として認められはじめ街に貼られたポスターは街角の芸術と呼ばれるなど人気を博しましたが、初期のポスターは広告物の為、販売や収集目的で製作されたものではありませんでした。
しかし、ポスターが芸術として認められるのと同じくして日本の浮世絵(版画)がジャポニスム(日本趣味)としてフランスに伝わり版画が収集されるようになります。そのことを裏付けるようにポスターも版画という収集できるサイズに手直しされ製作される際、通常の紙と高級なコレクター向けとして和紙に印刷されるものも制作されました。

ロートレックの快楽の女王が1896年に版画サイズとして販売された際も通常紙と和紙の2種類が製作されており今回掲載している作品は通常紙版となっています。
ロートレックは1901年に37歳という若さで亡くなったため存命期の作品は数が少なく、また死後に出版社などから発売された作品も数多くあり、この快楽の女王は存命期に製作されたロートレックでは数少ない版画の一つとなります。

快楽の女王とは

1892年に刊行されたヴィクトル・ジョズの小説で、ドゥミ・モンド(高級娼婦)を題材にしています。ロートレックはポスターにこの小説のヒロインであるエレーヌ・ロランが銀行家であるオリザックにキスをする場面を取り上げました。
発売当時にロスチャイルド男爵がこの小説の主人公ローゼンフェルト男爵が自身をモデルにしていると信じ販売指し止めの訴訟を起こしましたが販売指し止めには至りませんでした。


リボリアンティークスで取り扱う作品はすべて当時のオリジナル作品です、後世の複製やコピーは扱っておりません
 

実際に作品をご覧になりたい方は
東京都港区芝五のギャラリーにて実際に作品をご覧いただけます、お気軽にお越しくださいませ、ギャラリーにはカタログ記載の作品以外も多数展示してございます。

作品について
リボリアンティークスで取り扱う作品はすべて当時のオリジナルでございます、後世の複製やコピーではございません。
多くの作品が100年以上前に製作された物でございますので状態を確認してからの購入をお勧めいたします。また店頭にて販売もいたしておりますので品切れの際はご容赦くださいませ。