「舞を踊る貞奴〜芸者と武士〜」 Sada Yacco La geisha et le chevalier 1900年

55,000円(内税)

作品名:舞を踊る貞奴〜芸者と武士〜 Sada Yacco La geisha et le chevalier
サイズ:14×9
製作年:1900年
写真絵葉書

1900年のパリ万国博覧会で上演された「芸者と武士」の一番面になり、撮影は当時高名な写真家ナダールの手によるものです。
この写真は、絵葉書の他にも「ル・テアトル」誌や「ルヴュ・イリュストレ」誌にも掲載され貞奴の人気がうかがえます。

また翌年の1901年には日本の浮世絵師、芳幾も同じ構図で浮世絵を製作しています。


リボリアンティークスで取り扱う作品はすべて当時のオリジナル作品です、後世の複製やコピーは扱っておりません
 

実際に作品をご覧になりたい方は
東京都港区芝五のギャラリーにて実際に作品をご覧いただけます、お気軽にお越しくださいませ、ギャラリーにはカタログ記載の作品以外も多数展示してございます。

作品について
リボリアンティークスで取り扱う作品はすべて当時のオリジナルでございます、後世の複製やコピーではございません。
多くの作品が100年以上前に製作された物でございますので状態を確認してからの購入をお勧めいたします。また店頭にて販売もいたしておりますので品切れの際はご容赦くださいませ。